自己処理で脇毛を剃ったり抜いたりするのは簡単ですが、その仕上がりに満足していますか?
とりあえず脇毛はなくなったけど、脇の下が黒ずんでいて恥ずかしい!という人も多いはず。

脇脱毛すれば黒ずみは消えるのか、黒ずみを悪化させないためにはどうしたらいいのかをまとめました。

<中見出し>サロンやクリニックの脇脱毛で改善できる2種類の黒ずみ
脇が黒ずむ原因は大きく分けて3つあります。
自分の脇の黒ずみは、脇脱毛で改善できる種類なのかを確認しましょう。

<小見出し>自己処理による色素沈着が原因の黒ずみ
サロンやクリニックの脇脱毛機に黒ずみを取る効果はありませんが、脱毛することで自己処理による黒ずみは薄くなります。

脇毛を剃ったり抜いたりした後に、脇の下がヒリヒリしたり痒くなったことはありませんか?これは自己処理で肌が傷ついているサインです。

肌が傷つくと、「刺激から肌を守れ!」という指令(自己防衛本能)が出されます。
この時に活発化するのが、メラニンです。余分なメラニンがたまると、色素沈着を起こして脇の下を黒ずませてしまいます。

脇脱毛すれば、自己処理が必要なくなります。自己処理しなくてよくなれば、メラニンが増えすぎることもありません。
肌を傷つけないので、肌本来の回復力で脇の下の黒ずみが徐々に改善していくんです。

脇毛は、サロンやクリニックで脱毛しない限りずっと生えてきます。
黒ずみをなくすためには自己処理しないのが一番ですが、日本で脇毛を生やしっぱなしの女性はほとんどいません。脇毛がボーボーだと、確実に引かれると思います。

自己処理するたび黒ずみがひどくなる。でも処理しないわけにはいかない。
そんな人は、サロンやクリニックの脇脱毛で黒ずみを改善できる可能性が高いですよ。

<小見出し>剃り跡のせいで黒ずみが目立っている場合
剃った後の脇の下に黒いブツブツが見える、皮膚の下の毛が透けて見えているという場合は、脇脱毛で黒ずみを薄くできます。

剃ったはずの脇の下が黒っぽいのは、脇毛のせいかもしれません。
産毛のように細くて薄い色の毛なら剃りあとが目立ちませんが、太くて濃い色の毛は剃ると目立ちます。抜いたとしても次に生えてくる脇毛は太くて濃い色のままなので、皮膚の下から黒い毛が透けて見えます。

脇脱毛すれば、脇毛は生えてこなくなります。
黒ずみの原因そのものがなくなるので、剃った後の黒いブツブツや皮膚の下の黒い毛も気にしなくて済むというわけです。

ただしサロンやクリニックの脱毛機は表面に出ている毛にしかダメージを与えられないので、埋没毛があると綺麗になるまで時間がかかります。
埋没毛が原因で黒ずんでいる場合には、保湿ケアを徹底して肌のターンオーバーを促してあげましょう。

<小見出し>脱毛だけじゃ改善できない!毛穴詰まりの黒ずみとは
毛穴詰まりが原因で脇が黒ずんでいる場合は、残念ながらサロンやクリニックの脱毛機だけでは綺麗になりません。

顔と同じで、脇の肌も年齢を重ねるにつれてハリや弾力はなくなっていきます。それにもかかわらず、脇の下を保湿ケアしている女性はほとんどいないのではないでしょうか。

つまり脇の下は、かなり無防備な状態!
何も手入れせずたるんだ毛穴に制汗剤などが詰まり、酸化することで毛穴が黒ずんだように見えます。

毛穴詰まりを解消するためには、脇の下を保湿して毛穴のたるみを防ぐこと。毛穴がキュッと引き締まっていれば汚れは詰まりません。

脇専用の保湿クリームなどを使って、たるんだ毛穴を引き締めるようにしてください。

繰り返しになりますが、サロンやクリニックの脇脱毛でたるんだ毛穴がなくなることはありません。
毛がなくなるので少しは引き締まって見えますが、毛穴のたるみや汚れを取りのぞく効果はないです。

脇脱毛をする・しないに関わらず、脇の下の保湿ケアは絶対やっておいた方がいいですよ。

<中見出し>脇脱毛とどっちがお得?自宅で出来る脇の黒ずみケア3選
市販の黒ずみケアアイテムと脇脱毛では、どちらの方がお得なのか気になりませんか?
そこで、お得度と効果の2つを比較してまとめました!

<小見出し>黒ずみ対策ローション・クリームを使う
結論からいうと毛穴詰まりによる黒ずみが原因の人以外は、脇脱毛の方がオススメです。

黒ずみ対策ケアの定番といえば、美白効果のあるローションやクリーム。
人気があるのは、アットベリーやイビサクリームといったところでしょうか。
デリケートゾーンの黒ずみに使えるように作られているので、敏感肌の人でもトラブルなく使えると評判です。
ただし3か月で黒ずみが改善されたという人もいれば、1年使ったのに全く効果がない人まで、口コミは実に様々。化粧品もそうですが、美白系アイテムは個人差が大きいみたいですね。

ネックは、値段が高いこと。
例えばアットベリーは初回2,980円ですが、2回目以降は5,440円。使用目安は1か月あたり1個なので、1年使う場合の予算は60,000円以上!

これって、脇脱毛した場合の何十倍もの予算なんですよ。
例えばミュゼやジェイエステはキャンペーンで契約すると500円以下で脇脱毛が通い放題になりますし、短期間で効果が出る湘南美容外科のレーザー脱毛も通い放題3400円。

毛穴詰まりが原因の人は保湿アイテムが欠かせませんが、そうでない人はサロンやクリニックの脇脱毛に通った方が経済的で効果も期待できます。

<小見出し>重曹でお金をかけない黒ずみケア
エコブームの影響で、人気急上昇中の重曹。
この重曹で脇の下の黒ずみケアができるという噂がありますが、あまりオススメできません。
黒ずみをケアしたいなら、脇の下専用ケアアイテムを使うか脇脱毛すべきです。

重曹で黒ずみがケアできると言われているのは、重曹に確執や皮脂汚れを落とすピーリング効果が期待できるから。
研磨剤代わりに使って、毛穴汚れをかきだすというイメージですね。

でも肌をこすりすぎてしまうのは、黒ずみに逆効果!
自己処理と同じで皮膚の刺激になるので、黒ずみのもととなるメラニン生成を促してしまう可能性があります。

脇の下の黒ずみを改善するどころか、逆に黒ずみを悪化させてしまう可能性大!
重曹は安いので、誰でも試しやすい黒ずみ対策です。でも安い以上のリスクがあることを理解しておきましょう。

<小見出し>家庭用脱毛機を使う
サロンやクリニックに通わなくても、家庭用脱毛機を使えば自宅で脇脱毛できます。

家庭用脱毛機で一番人気があるのは、「ケノン」です。
本体価格は定価で98,000円と高いですが、家庭用脱毛機の中では高出力で照射ヘッドも大きめ。(2017年7月現在、キャンペーン価格67,800円で購入できます)

でもこれも、オススメしません!
高くて手間がかかるし、効果が出るまでに時間がかかるからです。
ケノンで脇の黒ずみが気にならなくなったという口コミもありましたが、脇の黒ずみケアで10万円弱はちょっと高すぎ…。しかも原理的には、脱毛サロンで脇脱毛するのと同じです。

家庭用脱毛機で何万円も使うくらいなら、サロンやクリニックで脇脱毛した方が絶対お得。脱毛機の出力パワーも全然違います。

<中見出し>サロンやクリニックの脇脱毛で黒ずみは消えた?体験談まとめ
サロンやクリニックの脇脱毛で黒ずみが消えたのか、口コミや体験談を調べてまとめました。

<小見出し>黒ずみが消えた!薄くなった!良い口コミまとめ
・脇の下の皮膚がくすんだように黒くなっているのが悩みでしたが、サロンの脇脱毛に通いだして2年くらいで気にならなくなりました。カミソリで剃らなくなったのが大きいような気がします。脇脱毛する以外に、特別なことは何もしていません。すぐには効果が分からなくて、「そういえば黒ずみが薄くなったかも」という感じです。(26歳/ミュゼ)

・脇毛を綺麗に剃っても、脇の下が黒っぽく見えるのが嫌でした。毛はなくても黒ずんでいるから、ノースリーブが着られなかったり…。でも脇毛が減って1本1本が薄く細くなってくると、黒ずみが随分目立たなくなりました。私の場合は、毛穴に待機している脇毛のせいで黒ずんで見えていたようです。(31歳/湘南美容外科)

・脇の黒ずみが気になっていたけど、それ以上に脇毛の処理が面倒で脇脱毛することに。だから最初は、脇脱毛で黒ずみが消えるとは思っていませんでした。でも3年間通い終えてみると、茶色っぽいブツブツが明らかに減っています。脇毛と黒ずみ、一石二鳥で綺麗にできてラッキーです。(28歳/ジェイエステ)

「脇脱毛に行ったら即黒ずみが消えた!」なんて口コミは1つもありませんでしたが、何年か通い続けるうちに気がついたら黒ずみが消えていたという方はかなりいました。

でもサロンやクリニックで使う脱毛機そのものに黒ずみを薄くする効果があるわけではないので、時間がかかるのは仕方ないですね。
脇毛が減りだしてから効果を感じ始めている人が多いので、少しでも早く黒ずみを消したい人は効果の出やすいクリニックの脇脱毛をオススメします。

<小見出し>黒ずみに効果なし?悪い口コミまとめ
・脇脱毛に通い始めて12回目。脇毛はほとんどなくなって綺麗になったけど、脇の下にある黒いブツブツのせいで黒ずみは消えないまま。ブツブツは埋没毛だから時間がかかると言われたけど、脇毛が抜けるのと同時に綺麗になると思っていたからガッカリです。(22歳/ミュゼ)

・脇脱毛のキャンペーンで6回コースを申し込みましたが、脇の黒ずみは今のところ薄くなる気配がないです。脇毛もまだまだ減っていなくて、2~3日に一回は自己処理しています。黒ずみの原因は自己処理だと言われましたが、毛の減り方がゆっくりすぎて剃らないわけにはいかないので困ります…。(32歳/エピレ)

黒ずみに効果がなかったという口コミも意外とあります。
効果のない人の共通点を調査してみたところ、「埋没毛がある」もしくは「自己処理を止めていない」ことが分かりました。

埋没毛があると、皮膚の内側が黒っぽく見えてしまいます。そのせいで、せっかく脇毛がなくなって綺麗になっても皮膚が黒ずんだように見えてしまうんです。

もう1つは自己処理。
脇脱毛は何回か通わなくてはいけないので、毛が減るまでは頻繁に自己処理している人も多かったです。でも自己処理すればするほど黒ずみは悪化しますし、黒ずみがあると脱毛機の照射レベルを下げなければいけないので脱毛効果が出にくくなります。

脇毛を毎日のように処理しなきゃいけないという人は、サロンよりもクリニック向き。
クリニックならサロンの半分以下の脱毛回数で効果が出るので、自己処理による黒ずみのリスクを減らせます。

<中見出し>黒ずみを解消するサロンやクリニックの選び方3つ
1. 料金と回数
脇がツルツルになるまでの目安は脱毛サロンで12~15回以上、クリニックなら5~6回。でも、黒ずみを綺麗にするにはもっと多く通う必要があります。

だからこそサロンやクリニックを選ぶときは、「通い放題プラン」があるかどうかチェックしましょう。
どんなに安くても、回数制限があるところはオススメしません。
効果に満足できない場合に追加料金を支払ったり、他のお店で契約し直さなくてはいけないからです。

2.永久脱毛かどうか
脱毛サロンでは永久脱毛は出来ません。
とりあえず脇毛をなくせばいいだけならサロンでも構いませんが、将来的に脇の黒ずみを予防したいなら永久脱毛できるクリニックの方が安心度は高いです。

3.アフターケアはしっかりしているか
サロンの光脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛も、施術後の脇が乾燥します。
脇の乾燥は黒ずみの原因になるので、脱毛後に丁寧にアフターケアしてくれるお店を選びましょう。

私も経験がありますが、個人経営のサロンでは「アフターケアは保冷剤で冷やすだけ」なんてことも。冷却だけでなく、保湿剤までしっかり塗ってくれるサロンやクリニックを選ぶようにしてください。

今回調査に協力していただいたミュゼ、ジェイエステ、エピレ、湘南美容外科の4つはいずれもアフターケアはしっかりしていますよ。
このほかの脱毛サロンやクリニックを検討している場合には、初回カウンセリングでアフターケアの内容を確認しておくと安心です。